プロフィール   最新の記事   カテゴリー   過去の記事   コメント   リンク   お知らせ 

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.03.22 Tuesday

隔離生活

シイのケガを見つけ、すぐに近所の病院に連れていきました。

何か所かにひっかき傷や噛み傷があり、
左太もも部分は深い噛み傷が裂けて私の親指大くらい開いていました。

縫合手術をした方がよさそうですが、
パニック状態もあったので、
この日は二週間効く抗生剤の注射と塗り薬を処方してもらいました。



子どもたちは食事や排せつはできるようになったものの、
何かの拍子に唸ったり威嚇したり、不安定な状態が続いています。


ここ数日、チャムが鳴き回ったり挑発したりと落ち着かない様子が見られました。


大喧嘩の発端もこれが原因だと思います。


おそらくチャムがキララを挑発し喧嘩になったところに、
シイが仲裁に入ってもみ合いになったのだと。


チャムは春先で(発情期というのもあって)不安定になっているのか?
そうだとすれば直に落ち着くはずですが、
続くようならストレスや病気も疑わないといけません。

去勢をしているのでそんなことがあるのかわかりませんが。

いずれにしてもチャムにも何らかの原因があるはずで、
その原因を突き止めてあげないと。


今はシイの(血の)臭いにも皆が過敏に反応し、
パニックになってしまう状況なので、
シイとチャムはそれぞれ隔離しています。



こんなことは初めてで、私も動揺しています。

でも5匹の飼い主は私一人ですから、
しっかり構えて家族のバランスを取り戻してあげないと。



猫友さんがレスキューレメディーを送ってきてくださいました。



不安や興奮を和らげる効果があるそうです。

猫たちの飲み水に垂らしたり、
水に混ぜてスプレーしたりしています。
人にも使えるそうです。

猫友さんのお心遣いに感謝します。



シイのケガが早く治りますように。
どうか仲良し家族に戻って、
なんでもない穏やかな時間が取り戻せますように。



前記事にはご心配のコメントありがとうございます。
まだお返事ができてなくてすみません。
今は猫たちに接する時間を大事にしたいと思います。





 
 
JUGEMテーマ:ねこのきもち
2016.03.18 Friday

パニック症?(追記あり)

昼間のことです。

私が掃除機をかけていると別の部屋で大喧嘩が始まり、
5匹が揉み合いになってパニック状態に。

ベリーはテレビの裏に隠れ、失禁。
シイもキラも誰彼構わず目が合うと威嚇。

部屋はもみ合いで散らかった毛とおしっこと血の跡。

とりあえず掃除をし、おしっこまみれになったベリーを洗って、夕方出勤。

数時後に帰宅すると、また毛の塊とおしっことうんちが散らかっていました。
そしてまた血の跡も。

部屋を隔離すると出せと騒ぐし、解放するとまた喧嘩が始まる・・・

餌もそれぞれの場所で与えましたが食べるどころでありません。

ずっとみんなをなだめていましたが、
あまりにしつこく威嚇しあうので怒ってしまいました。



とても仲の良い家族なのに、
パニックになってこんな大喧嘩になるなんて・・・

直前までみんなで日向ぼっこしたり、
くっついて寝ていたのに。

血の跡はベリーのように思えますが、
キラの足の爪からも血が出ているのを確認しました。
相当攻撃しあったようです。

こんな状態で家を空けるのがとても心配です。


多頭飼いの皆さん、同じような経験はありますか?
こういう時はどうするのが良いのでしょうか…




〜追記〜

一夜明けた今日も威嚇が続いています
私も猫たちも一睡もできず。

シイがひどく威嚇するので、なだめようと抱っこすると、
ひどいケガをしていました。
ひとまず病院に行ってきます。





 
 
JUGEMテーマ:ねこのきもち
2014.10.20 Monday

いつもの朝

昨日のお昼、ちょっとしたハプニングが起きました。

いつものよくある兄弟ケンカ、

と思ったら激しい取っ組み合いになり、

キラくんのギャーー――という大きな悲鳴。

直後、「シャ――」と威嚇の嵐。

それを見たシイちゃんも「シャ――」

ベリーも「シャー―」

一瞬にして緊迫感に包まれました。

キラをなだめるも、「う――」と唸り声をあげてシッポをパタパタ。

そっとしとくしかない、と思い平然と過ごすことに。

しかしながら目が合うと威嚇が始まるのでそれを止めるのに必死あせ

マロンとチャムは遊ばせてなんとか落ちついていましたが、

夜になってもキラは怒った顔。

「ごはんよ」と言うといつもなら「ニャー―ハート」と駆け寄って来るキラですが、

全く無視。

これは重傷だ…残念

こんなことは滅多にないので、とても心配でした。

土曜日からあまり構ってあげれてなかったので、

精神的ストレスもあったのかなぁ・・・




そして迎えた今日の朝。

いつものようにキラがゴミ箱を激しく叩く音で目覚めました。

どんどんどんどん音

ごはんの催促です笑

いつもなら「うるさいなぁ・・・」としぶしぶ起きる私ですが、

『いつものキラ』が嬉しくて私はキラを抱きしめましたゆう★ホッ

「特別サービス、今朝のごはんは大盛りね!」kyu



カリッ  カリッ

全員そろって必死に食べてる『いつもの光景』kira

私は嬉しくなってうるうるしてしまいました泣く

昨日ゴハンを食べなかったキラもいつも通り完食ナイス




昨日は近づくこともできなかったシイとベリーとキラですが、
同じベッドにINしてましたぽっ



よかったよかったダッシュ

仲良しな顔、
食いしん坊な顔、

何でもないいつもの光景が、
とてもとても幸せに思えた朝でした。



きらきらシイちゃんベリーちゃんマロンくんチャムくんキララくんきらきら





 
JUGEMテーマ:ねこのきもち
2014.08.20 Wednesday

不安な夜

昨夜は激しい豪雨に見舞われました。

窓を叩きつけるような激しい雨、

稲光と共に地響きするほどの大きな雷。

付近の道路は水が溢れ、
アパートの前の駐車場は足がつかるほどの水溜まりになりました。


怖かったね




今朝は食欲不振で押入れに引きこもっていたベリーですが、
お昼頃になると様子も落ちついてきました。

もう大丈夫だよ。



みんなも不安だったのか、
それとも私を守ろうとしていたのか、
ずっと私のそばについていてくれました。




長い時間の停電。
Wi-Fiも切れてLINEもできない間は本当に不安でした泣く

懐中電灯もロウソクも準備しておらず、
唯一アロマランプの光が安心させてくれました。




幸い朝方には雨が止み、
ヘリコプターや救急車の音で騒然とした朝を迎えました。




県内ではたくさんの被害が出ていたようで、
犠牲になった方々のご冥福を祈るばかりです…

自然災害の怖さを痛感しています。

雨が強い地域の皆さまは十分にお気を付け下さい。









 
JUGEMテーマ:ねこのきもち


 
2014.04.21 Monday

押入れから落下

昨日、キラが押入れから落下しました。





上段から赤矢印のようにタワーに飛び移ろうとしたのでしょうが、
上に頭を強くぶつけ直下降。

さらにタワーの一番下のステップで顔を強打して、
床の上に落下。



頑丈なステップが折れるほどの衝撃・・・




私は部屋の模様替えの最中で、
猫ベッドを押入れの最上段に移動させたところでした。


私は思わず叫んでキラの頭をさすりました。

二、三回頭を振ると普通に動いたので
とりあえず安心したものの。

珍しく夜中に寝ていて突然嘔吐。


今朝は普通に餌を食べたので大丈夫とは思いますが・・・


明後日ワクチンで病院なので、
その時いちおう診てもらおうと思います。



暖かくなったので窓際をスッキリさせました。




キラくん大丈夫かなぁ・・・




 


 
JUGEMテーマ:ねこのきもち
2013.12.10 Tuesday

届け、元気玉!

実家で飼っているマルチーズのクーちゃん(9歳)

体中に腫瘍ができていることが分かったのは、先週のこと。

体を触ると痛がるようになり、最近は寝てばかりです。

相手が誰でも、すぐに打ち解けるクー犬ゆう★




ぼくも心配だよ・・・


家族だもん。




雪


そして友達の茶あちゃくんも、

毎日点滴を頑張っています。


盲目でも、白血病のキャリアを持っていても、

元気いっぱいに過ごしていた茶あちゃくんに

いつも励まされていましたkira



今度は私たちが茶あちゃくんを励まさなきゃ!!


「みんなで応援してるよ」




病気と闘っているみんなに、

元気玉が届きますように。


星


 



JUGEMテーマ:ねこのきもち
2013.05.23 Thursday

今ここにある幸せ

前記事にたくさんのコメント、本当にありがとうございます。

皆さんからの温かい応援や励ましに、

いつも元気をもらっています


チャムはその後も嘔吐が続いています。

薬を飲ませても吐いてしまうので、今日は飲ませていません。

チャムの様子に一喜一憂する日々ですが、

私自身が神経質になりすぎているのかもしれません。

チャムは人一倍敏感で、私の感情を察知する子です。

チャムの脊椎症も チャムの特性 なんだと、

もっと寛大に受け止めていこうと思います。

チャムのことが心配で 過剰に声をかけていましたが、

もしかしたらチャム自身の不安を呷っていたかもしれないし、

それを続けると ほかの子のストレスにもなりかねません。


私は5匹の母として、

今ここにある幸せを大事にしていきたいです。


みんなが強く生きていることを

もっともっと尊重していこうと思います。




今朝の光景。

窓を開けると一目散に集まるみんな。



家族の会話が聞こえてきそうです



チャムにとっても 何より穏やかな時間。



三匹寄ればにゃんこの知恵。

三匹寄れば苦難なし!


私もこの子たちに支えられています


いつまた不安になって弱音を吐いたり、

悩みを相談するかもしれませんが、

そんな時はどうか 強い言葉をかけていただけると幸いです。

皆さんの声にいつも支えられている私です。


これからも、シイファミリーの幸せなブログを

書いていきたいと思っています。





JUGEMテーマ:ねこのきもち
2013.05.07 Tuesday

大丈夫。

あっという間に連休も過ぎて、

また始まる穏やかな日常。
 

のんびり、ゆっくり、

いつもの時間が流れる。



「 大 丈 夫 。」

その一言がいろんな不安から味方してくれる。

言葉にすると 心が強くなれる。



不安な夜は 何度でも言ってあげるよ。

「大丈夫。そばにいるから」







ベリーはその後嘔吐することもなく元気です。

一過性のものだったようで安心しました。


チャムのむずむずは相変わらず続いています。

やたら下半身を舐めるため、

毛玉の混じった嘔吐をします。

痛み止めがあまり効かず、

ステロイドに変更することになりました。

飲み続けると副作用もあるので、

経過を見ながらの服用になりそうです。

レーザー治療も念頭においています。


でも一番の薬は、きっと穏やかな時間と笑顔!

チャムの穏やかな表情を見ると、

とても嬉しくなります。







JUGEMテーマ:ねこのきもち
2013.04.19 Friday

今日のシイファミリー

PCがやっと戻ってきました!

久しぶりの更新になりましたがシイファミリーは元気です



チャムへのご心配をたくさん頂き、ありがとうございます。



その後も元気・食欲はあります。
オシッコやウンチも異常ありません。



ただ、問題のむずむずは続いています。



獣医さんに勧められ、フロントラインに続きレボリューションを滴下しました。



アレルギーの可能性も疑って餌も専用フードに切り替えました。

でも症状は改善しません。

ステロイドの効果もありません。

皮膚に痒みがあるような所見はなし。


踵の摩擦によるハゲが拡大しているのが気になります。

今のところ歩行異常は見られません。



チャムの様子から、左太ももを気にしているような気がします。

アレルギーではないとしたら、

神経系の問題かホルモン異常も疑われます。

今後はレントゲン・血液検査などをしていくことになりそうです。

留守が長いと嘔吐しているので、

精神的にもデリケートになっているようです。



チャムと同じようなお話を聞きました。


早く原因を特定して、症状を改善してあげたいです。


愛猫さんでチャムと同じような症状を経験された方、
また聞いたことがある方がいらっしゃいましたら
ご意見いただけると幸いです。


・背中をぴくぴくさせて突然走り出す(日に何度も)
・突然激しく毛づくろいする(チャムの場合後ろ足)
・落ちつきがなく囲まれた所にいることが増えた


チャム、大丈夫だからね!





JUGEMテーマ:ねこのきもち
2013.01.23 Wednesday

今日の様子

外注検査の結果が出ました。

ベリーは膵炎ではありませんでした。

エコーで見た限り、腸に異物がひっかかってる様子もないとのこと。

とりあえず大きな病気や誤食ではないようで安心しましたが、

じゃあこの激しい嘔吐はなぜ?という疑問が残ります・・・


昨日に続き、今日も50mlの補液をしました。

強い吐き気止めと、今日は胃酸を抑える注射もしました。

絶食が続いているので、ほかの病気を併発しないよう抗生剤も追加。

昨日から嘔吐は落ちついています。

オシッコもしました。


 流動食も水も受け付けないので心配していましたが、

今日は自分から起き出して餌を数粒食べました。

安堵して思わず涙が溢れました。

みんなも走り回って、喜んでいるようでした。



ただ、相変わらず起きると「ウーウー」と唸ります。

とても神経質になっているのか、

どこかに痛みを感じてのことなのか?

ほかの子が触れると大きな声を出すこともあります。


猫のIBDも気になるので、先生に聞いてみようと思います。



JUGEMテーマ:ねこのきもち
Powered by
30days Album
PR