プロフィール   最新の記事   カテゴリー   過去の記事   コメント   リンク   お知らせ 

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.01.27 Wednesday

虹の向こうで・・・

1月28日はチビ(♀・享年21歳)の4回目の命日です。

チビは、私が高校生の時に保護した捨て犬のお腹の中にいた子です。






そんなチビもいつのまにか歳をとり、

2011年 20歳を迎えたチビは、
いつ亡くなってもおかしくない状態にありました。





老衰で光も音も失ったチビ。

自分で体勢を変えることもできず、
うつ伏せになるたび悲痛な声をあげました。

食べることもままならない日々…






そんなとき、


チビの前に現れた一匹のノラ猫がエリーでした。






足に力が入らなくなったチビを歩かせるのは至難の業。

そんなチビを励ますように、
エリーはチビの散歩についてくるようになりました。






そのうちチビの小屋で一緒に寝るようになり、





チビと一緒にゴハンを食べるまでになりました。

それはまるでチビに食べることを促すように・・・





チビは「生きよう」とする力を取り戻していきました。

まさに奇跡でした。





顔を上げることさえままならなかったチビが、
ハーネスを付けると一生懸命歩こうとします。

「その調子、その調子!」
エリーがチビに体をすり寄せます。





チビはそれから約一年、エリーとの日々を過ごし、
虹の橋を渡りました。

最期の最後まで、
チビのそばにはエリーがいました。




チビ

チビとの約束は、
今もちゃんと守ってるよ

虹の向こうで、
いつか会えるその日まで、
待っていてね。






虹kira



 
JUGEMテーマ:ねこのきもち
2015.01.28 Wednesday

チビの命日とエリーの逃走 

今日はチビの三回目の命日です。



このブログでもチビの闘病生活や思い出を何度も書いてきましたが、
チビは20歳を迎える頃から人間で言う「痴呆」が始まりました。

目も見えない、耳も聞こえない、方向感覚もわからないチビ。
迷子になった時はどんなに探しまわったか・・・

でもそのたびにチビは奇跡的な生還を遂げました。


それも全ては エリーエリーくん に出会うためだったのかもしれません。




立ちあがることもままならず、
餌を口に運んでも食べなくなっていたチビでしたが、
エリーとの出会いでチビはまた生きる喜びを見つけました。





目が見えなくても、チビはいつもエリーを感じていましたkirakira2




弱ったチビを元気づけるかのように、
チビの前に現れたエリー。




不思議な出会いってあるものだな…
この写真を見ていると、今でもそう感じますお願い



エリーは私たち家族に代わって、チビの最期を看取ってくれました。


チビが生まれたのは私が15歳の時。
一緒に成長してきた家族のような存在でした。


今も目を閉じると、
舌を出してシッポを振るチビが見えるようですぽっ


虹



昨日こんなことがありました。


天気が良かったのでエリーを散歩させようと思い、
ハーネスをつけて外に出したのですが、
リードが体に絡みついたことでパニックになり逃走してしまいました。

すぐ近くで外壁工事をしていたこともあって、
音や気配にびっくりして遠くに逃げた可能性もあり、
私はとにかく必死で探し回りました。

そのうち子どもたちが学校から帰ってくる時間帯になり、
ますます出てきにくい状況に…。

だんだん暗くなり冷え込んできた頃には、
私の不安もピークになり、涙ばかりが溢れてきました。

公園の裏の竹藪を探していると、両親が呼ぶ声…

「エリー帰ってきたよ!」

急いで家に戻り、無事に涙の再会を果たしました。

安堵でまた涙が止まらず。

エリーは自分で帰って来たそうです。

本当によかったーーー!!



もしかしたら、
チビがエリーのこと守ってくれたのかもねちゅん


犬エリーくん




 
JUGEMテーマ:ねこのきもち
2013.11.02 Saturday

今までも、これからも。

現在5匹(+2匹)の猫と暮らす私ですが、

私の猫好きは今に始まったことではありません。

物心ついた時から猫のぬいぐるみを肌身離さず持ち歩き、

『ノンたん』や『なめねこ』が大好きで、

招き猫の置物などを欲しがったそうです。

昔のアルバムを見ていても、ほとんどが猫や犬を抱っこした写真。

わが家では多い時は猫と犬合わせて10匹以上飼っていたこともありました。


今日はそんな先代の猫たちの写真を紹介したいと思いますkira


小学一年生頃に飼っていたピースケ


この少しあとに又吉という猫猫を飼いましたが、
残念ながら写真はありません。


もちろん犬も大好き犬
犬は昔から常時3匹はいました。
(現在は実家に4匹)


小学校の卒業文集で「将来の夢は動物愛好家」と書いたのを覚えています本


家に住みついたサビ猫ジャジャは二度出産。
とても賢い猫でした。


一代目の子どもたちは茶トラ’s猫
人懐こいチャチャ


とてもシャイなチャチャ兄さん



二代目の子どもたちは、
嬉しいような寂しいような気持ちで里親に送りました。






中学生の時からノラ猫を見ると放っておけず、
保護猫を机の中に隠して授業を受けたこともちゅん


高校生になると猫好き度も加速↑
プースケとはいつもべったりでしたハート



青春時代を共に過ごしたテンコとは思い出がいっぱいkira



先代エリーは女の子でしたゆう★



***


そして現在、サクラと出会い、



シイを保護した後子どもたちが生まれ、
シイファミリーとの一人暮らしがスタート。



先代エリーにそっくりな二代目エリーがチビ犬の犬小屋にやって来て・・・


現在に至ります花


出会いと別れを経験するたび、

私自身も成長してきたように思いますちゅん



今の幸せは、先代のみんなのおかげですクローバー

猫あっての私の人生は、これからも続きますkira


ハートサクラちゃんエリーくんシイちゃんベリーちゃんマロンくんチャムくんキララくんハート




 
 
JUGEMテーマ:ねこのきもち
2013.07.29 Monday

She is・・・

 She is シイ



彼女と出会ったのは

7年前の夏の夜。

誰もいない公園に ぽつんと佇んでいた。



その澄んだスカイブルーの瞳に

一瞬吸い込まれそうになったのを覚えてる。



彼女は数日後、何くわぬ顔でわが家に遊びに来た。

「どうやってうちを探し当てたの?」

そう言いながら私は彼女との再会をとても喜んでいた。



まだ触れることはできなかったけど、

いつも寂しそうにこっちを見ていた。



とても孤独な目をしていた。





彼女は想像もつかない出来事に遭遇し、

二週間後に衰弱した体でわが家に戻ってきた。



彼女のスカイブルーの瞳は、

一つになってしまった。





あの日から彼女は私に心を許し、

私たちは友達になった。

サクラの散歩にいつもついて来てたっけ。

サクラ      シイ



一ヶ月後、彼女は大切な命を宿した。 




そして見事に可愛い4匹の赤ん坊を産んだ。



私は彼女と子猫を連れて家を出た。


あの時の門出は、私にとって人生の節目だったように思う。


5匹の猫と暮らしていくということに、

私は大きな命の責任と、

喜びを感じていたのを覚えてる。



彼女のように

何かを守りながら一生懸命に生きよう

そう心に誓って 新しい生活が始まった。



彼女は 命の尊さや愛情、

私にいろんなことを教えてくれた。


寂しい時も、

不安な夜も、

いつもそばで癒し励ましてくれた。



彼女がいたから今の私がいる



She is シイ


私の大切な 家族。






JUGEMテーマ:ねこのきもち
2013.07.20 Saturday

キミがいた夏

 空を見上げると ふっと思いだす。





キミと過ごした あの夏



キミの日課の水浴びをいつもそばで見ていたこと。



キミはとっても気持ちよさそうな顔をして。

鼻を鳴らすキミを見て笑ったっけ。



ハーネスをつけて一歩一歩歩くキミのそばを

いつも一緒に歩いたね。



ぼくはただ嬉しくて!


キミと出会えたこと。

キミが奇跡を起こしてくれたこと。



とても暑かったけど、

とても幸せだった。



ぼくにとって、

あの夏は最高の夏。




キミはそっちでも水浴びしてるのかな?




あの時みたいに 幸せな顔をして。






教室の生徒がチビに手紙を書いてくれました



チビは 今もずっと、

私たちを見守ってくれています








JUGEMテーマ:ねこのきもち

2013.03.29 Friday

桜咲く思い出

今日3月29日テンコの命日です

毎年この日はテンのことを書いています。


テンとは中学・高校時代を経て二十代と、
青春時代を共に過ごしました。


*先代エリーとテン*


あれから11年。

私を支えてくれたのはテンとの思い出です。

 

一緒に歩いた散歩道。

同じ部屋で過ごした幸せな時間。

桜の木の下で、一緒にお花見をした最後の春。

そして、

テンがくれた新しい出会い。

*サクラ*


テンが旅立った日の満開の桜に思いを込めて、

テンにそっくりな子猫に「サクラ」と名づけました


そんなサクラも、

あの頃のテンと同じくらいの歳になりました。



こうして幸せな今があるのは、

きっとテンのおかげです


そしてまた、

二代目エリーとの出会いも・・・。

*サクラと二代目エリー*



テン、ありがとう。







ずっとずっと、大好きだよ。






JUGEMテーマ:ねこのきもち
2013.01.28 Monday

虹の日

ベリーはすっかり元気になりました。
たくさんの温かいコメント、ありがとうございました


1月28日
今日は愛犬チビの一周忌です




介護生活中にどこからともなくやってきたエリー。



目も見えない、耳も聞こえないチビだったけど、
エリーのことどう思ってたのかな?



初めての温もり。
きっときっと、生きる支えになっていたに違いありません。



大切な友達だって。



空を見上げると、いつでもチビが見守ってくれています。

チビが教えてくれた、たくさんの優しさや勇気、生きる力…。

大切な大切な宝物です。

チビ、ありがとう





JUGEMテーマ:ねこのきもち
2012.12.30 Sunday

今年もありがとうございました☆

今年の初め、実家のチビが長い介護生活の末、
虹の橋を渡りました
21歳の大往生でした。
皆さんから温かいエールをいただき、
本当に励まされました

犬小屋に住みついたノラ猫、エリー。
それはまるでチビを守っているかのようでした。


その後エリーを家族として正式に迎え入れ、
「家猫」デビューを果たします

家の中で飼っている犬たちやサクラとの関係が心配でしたが、
思いのほかすぐに慣れてくれてとても安心しました


そしてサクラが10歳を迎えました
先代の猫は10歳になる前に亡くなる子が多かったので、
とても嬉しい誕生日祝いとなりました
これからも元気で長生きしてほしいです


そしてシイファミリー雑誌デビューという
夢のような経験ができました
ちょこちょこ不調はあったものの、
みんな大病もなく過ごせて本当によかったです
 


そして、捨て猫トム(マーク)との出会い
現在トムは優しい里親さんのもとで、
新しい暮らしに少しずつ慣れていってるそうです
たくさんのご支援、本当にありがとうございました


私自身も今年は仕事も軌道に乗り、
たくさんの猫友さんと交流できた
嬉し楽しい一年でした


そんな今年ももう明日で終わり。。。


来年もどうか良い一年になりますように


私のブログに遊びに来てくれた皆さん、
今年も本当にありがとうございました


それではみなさん、良いお年を〜



JUGEMテーマ:ねこのきもち
2012.12.22 Saturday

マークとの時間

いただいたリボンをつけてみました
とても似合ってるでしょ
 


マミークッションもすぐに気に入ってくれました


とても嬉しそうなマーク。
皆さんのお気持ちを分かっているかのようです。


マークといられるのもあと一日になりました。

マークの動画です
短い時間でしたが、いろんな顔を見せてくれました



明日はマークを新しいお家に送りだす日です




JUGEMテーマ:ねこのきもち
2012.09.30 Sunday

see you again!!

ねこきもサイトでブログを書くのは今日が最後となりました学ラン

総アクセス 29万2,329

総記事数 1,066 

総コメント 26,569


これまでたくさんの方に見ていただきました。

本当にありがとうございます。



リボン



何度となく書いた、シイとの出会い

シイと出会ったことで、私の人生は変わりましたキラキラ




ねこきもwebのコーナー爆笑問題田中さんが選ぶ写真コンテストでは、
爆笑兄弟のコントでグランプリを頂きました冠




ノラ猫だったエリーとの出会い。




犬5チビとの別れ。




そして手探りで始まった、サクラとの関係。




ねこきもブログで一大ブームになった、
唐草バンダナコンテスト




夢列車では、たくさんの思い出も出来ました星
エリー号も大盛況をいただき、ありがとうございましたバス




みなさんの応援のおかげで素晴らしい経験も出来ましたキラキラ



たくさんの皆さんに祝っていただいた誕生日ケーキ



思い出は尽きません。

ねこきもブログを始めて本当によかったです。

このような交流の場を作ってくださったねこきも制作室の皆様にも

心からお礼申し上げたいと思います。


そしていつも遊びに来てくださった皆さん、

温かいコメントをくださった皆さん、

本当にありがとうございました。



see you again !!


シイファミリーの新ブログはこちら

�・She is シイ!�・
http://pt-0000001831.jugem.jp/

10月からは、こちらでまたよろしくお願いしますバラ


★JUGEMブログ 「ねこのきもち」移行ブログ一覧はこちらから★

Powered by
30days Album
PR