プロフィール   最新の記事   カテゴリー   過去の記事   コメント   リンク   お知らせ 

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 耳かゆいの | main | マネしたいの >>
2012.08.07 Tuesday

ぴーちゃんへ

苺ミルクさんちのぴーちゃんに追悼の意をこめてバラ





天使になったぴーちゃんへ




ぴーちゃんの瞳はいつもキラキラしてたねキラキラ





そしてとても穏やかでした。






きっと、深い愛情に包まれていたんだね。




可愛い顔をいっぱい見せてくれたぴーちゃん。




私はぴーちゃんとここで出会えたことに感謝しています。


癒しと笑顔をありがとう。


生まれてきてくれて、ありがとう。


ぴーちゃんの生きた証を忘れません。






天使




こみぞうさんに教えてもらった素敵な絵本(動画)です。

猫を愛する全ての皆さまに見ていただきたいです。


君に捧ぐ



2019.08.19 Monday

スポンサーサイト

コメント
★ahiruyukaさん

コメントありがとうございます。
苺ミルクさんの悲しみ、苦悩、痛いほど感じます…
でもぴーちゃんはきっと苺ミルクさんのこと大好きって最後まで思っていたでしょう。
神様がきっとぴーちゃんにまた新しい命を与えてくれるはずです。
だって迷子札もつけてるんだもん。
苺ミルクさんに穏やかな日々が訪れるのをゆっくり待っています。
皆さんと共にご冥福をお祈りするばかりです。





★みつっちさん

愛猫が亡くなるなんて、一番考えたくないことですね。
ましてやこんなに突然の別れなんて、受け入れられるはずもありません。
この絵本動画はちょっと切なく温かい気持ちにさせてくれますね。
でも愛猫はきっとこんな気持ちで旅立つんだと思います。
皆さんと一緒にご冥福をお祈りします。





★のびたんママさん

多くの人にぴーちゃんの生きた証を見ていただけて、そしてご冥福を一緒に祈っていただけてよかったです。
ぴーちゃんは本当に可愛いくて賢い子です。
きっと最後まで苦しみながらも苺ミルクさんの愛情を感じていたと思います。
今はただ、皆さんと共にぴーちゃんのご冥福を祈らせていただきます。
そして苺ミルクさんにいつしか笑顔が戻るのを待っています。

キララの耳は少し回復傾向のような…
ありがとうございます。
  • キラりん
  • 2012.08.08 Wednesday 11:02
 苺ミルクさんは・・・ぴーちゃんの旅立ちに
立ち会ってしまったんですね。
 自責の念にかられるのはよくわかります。
ぴーちゃんは、うちのニャン達とも仲良く
してくれました。
とってもとっても、愛らしい可愛い猫さん
でした。
 迷子札をつけてるとのこと。きっときっと、
すぐに戻って来てくれるはず。
 神様もちょっとだけ、ぴーちゃんに用事が
あっただけ。
愛する飼い主さんに、家族に返してくれるはず。
 今はただ・・・御冥福をお祈りします。
  • ahiruyuka
  • 2012.08.08 Wednesday 07:24
キラリンさんこんばんは。

歳取ると情けない事に涙腺緩むというのは ホントでありまして・・・このような事は、起きて欲しくないわけで・・・
ピーちゃんの(-人-)ご冥福を。
  • みつっち
  • 2012.08.08 Wednesday 02:00
こんばんは

涙涙で絵本を拝見させて頂きました
ぴーちゃん、とっても可愛い子だったんですね。
今、苺ミルクさんのブログにもお邪魔させて頂いてきました

ぴーちゃんのご冥福を心よりお祈りさせて頂きます

キララ君のお耳も早く良くなりますように
  • のびたんママ
  • 2012.08.08 Wednesday 01:59
★メルモママさん

ぴーちゃんは最期まで良く頑張りましたよね。
あっというまのことで、気が動転してしまった苺ミルクさんのお気持ちを察するといたたまれません。
でもそんな状況の中でも、きっと苺ミルクさんのお気持ちはぴーちゃんに伝わっていたと思います。
どんなに辛い最期だったとしても、
今は絶対に笑顔で居てくれてると思います。



★sabatora nyanyaさん

突然のことでお別れするには早すぎたし、
さよならなんて出来ませんよね。
ぴーちゃんはまだ苺ミルクさんのそばにいるかもしれませんね。
ぴーちゃんが虹の国に安心して上がっていけるよう、苺ミルクさんの悲しみが少しでも和らぐように私たちもぴーちゃんの思い出を大事にしていきたいですね。




★こんとらさん

ぴーちゃんのご冥福を一緒に祈ってくださり、ありがとうございます。
ぴーちゃんはとても可愛くて優しい私の友達です。
こんな悲しい別れがくるなんて…。
でも今はぴーちゃんが生きていたことを愛しんでいます。
出会いも、生きている日々も、全てが奇跡で宝ですね。





★ひろちさん

幸せそうなぴーちゃんのお顔、
ずっとずっと私たちの中に残しておきましょうね。
どんなに辛い最期だったとしても、
ぴーちゃんが生きていた証は絶対に消えません。
納得のいく別れなんてないと思います。
でも、虹の橋を渡ったみんなのぶんまで生きている私たちが幸せにならなきゃ、とも思います。
苺ミルクさんの悲しみがゆっくり和らいでいきますように。



★なかさん

ぴーちゃんの笑顔、ずっとずっと胸にやきついています。
可愛くてお茶目で、そんな姿にいつも笑ったり癒されたり。
たくさんの幸せをもらいました。
それはきっとぴーちゃん自身が幸せだったからでしょう。
どんなに辛い最期だったとしても、愛情も思い出も消えることはありませんね。
ぴーちゃんはきっとお空の向こうで笑ってくれていますよね。
  • キラりん
  • 2012.08.07 Tuesday 22:42
★ルイさん

ぴーちゃん、本当に綺麗な子ですよね。
それでいてお茶目でクールなところも大好きでした。
きっと夢列車では虹の国から会いに来てくれることでしょう。
絵本の転載、ありがとうございました。
愛猫を亡くされた方の悲しみが少しでも和らぎますように。



★つじさん

お仕事中のコメントありがとうございました。
苺ミルクさんのお気持ちを思うと・・・
やりきれません。
まだ若くして、こんな突然のお別れ、
受け入れられるはずもありません。
「君に捧ぐ」のようにぴーちゃんもきっと
「幸せだった、ありがとう」って思ってくれてると思います。
愛する存在がそばにいてくれることは決して当たり前じゃないんですよね。




★アラミンさん

温かいコメントありがとうございます。
ぴーちゃん本当に可愛い、魅力的な子ですね。
写真を通してでも十分に伝わってきますよね。
この幸せにあふれたぴーちゃんを私は心に残しておきたいです。
苺ミルクさんも、いつかきっとぴーちゃんを思って笑顔になれる日が来ること願っています。
虹の橋を渡って、きっと多くのお友達と仲良くしてくれることでしょう。
チビにも言っておこうと思います。



★クロとミーコさん

多くの方にぴーちゃんの生きていたことを知ってもらえて私も嬉しいです。
大事なのは亡くなった最期ではなく、生きた証だと私は思います。
ぴーちゃんの生きた証をずっとずっと胸に残しておきたいです。

キララの耳の心配もありがとうございます。
お薬が効いて早く治ってくれるといいのですが。
でも元気はあるんですよ。




★モモクリさん

ぴーちゃんのご冥福を一緒に祈ってくださってありがとうございます。
ぴーちゃんは私とシイファミリーの大事な大事なお友達です。
虹の国で穏やかに過ごしてほしいです。
そして苺ミルクさんにも穏やかな気持ちが戻ってくれることを願います。

  • キラりん
  • 2012.08.07 Tuesday 22:31
★かぼちゃまさん

コメントありがとうございます。
ぴーちゃんはブルーの瞳がとても綺麗な、
シイファミリーのお友達です。
あまりに突然のことで、私も混乱してしまいました…
苺ミルクさんにゆっくりゆっくり穏やかなお気持ちが戻ることを願っています。

キラの耳の心配ありがとうございます。
まだ痒がるのですが、お薬で赤みが引いてきました。
ただほかの子もやたら掻いてるのが心配…。
私は暑さで頭痛薬が手放せません^_^;
でも甘いものだけは・・・やめられません。




★シバザクラさん

悲しみを和らげるには時間しかないと思います。
それと同じ悲しみを経験した人の言葉を聞くことだと・・・
実際私もそうでしたから。
私が読んだペットロスの本で、
「死ぬということは生きた証」「限りある命だからこそ、生きることは素晴らしい」という言葉が胸に沁みたのを覚えています。
苺ミルクさんの悲しみが少しでも和らいでいくことを願うばかりです。




★マイキーさん

本当に可愛い、綺麗な目をした子ですよね。
私もぴーちゃんはとても魅力的な猫さんだと思っていました。
生まれ変わりというのは本当にあると思います。
ぴーちゃんも、もしかしたらまた姿を変えて戻ってきてくれるかもしれませんね。
「君に捧ぐ」の絵本は心にじんわり入って来る作品ですよね。



★ねこねこねこさん

愛するものを亡くすことは何よりも辛く悲しいことですね。
そして、どんな最期であろうと後悔は絶対に残るし、納得なんて出来るはずはないんですよね。
でも、「生きていた証」は消えません。
愛情も消えません。
きっと虹の橋を渡って、痛みも苦しみもない自由な世界で愛する人をずっと待ってくれています。
いつか必ず再会出来ると信じています。
苺ミルクさんの悲しみが少しでも和らぎますように。





★ネフェルタリさん

こんなに突然のことで、
この悲しみをどこにぶつけていいか分からない苺ミルクさんの気持ちを思うと私まで涙が溢れます。
まだ若いぴーちゃんとこんな形でお別れになったことは悲しいですが、ぴーちゃんのくれた思い出は私たちの胸の中でずっと輝いています。

  • キラりん
  • 2012.08.07 Tuesday 22:20
★苺ミルクさん

コメント残してくださってありがとうございます。
可愛いぴーちゃんの写真はどれも生き生きしてて、幸せに充ち溢れてて…
この姿を私たちの胸に焼き付けておきたいと思います。
実際に会ったことはなくても、写真で、文章で、ぴーちゃんがどんな日々を送っていたかは感じています。
辛い最期を思うと、やりきれないことでしょう。
私もいろんな思いが交錯して涙が溢れてしまいます。
ただひとつ言えるのは、ぴーちゃんはきっとこの絵本のように「ありがとう」って思ってくれてるはずですよ。
虹の橋を渡って、痛みも苦しみもない世界で、愛情と思い出に包まれていると思います。
苦しんでいたぴーちゃんではなく、幸せに溢れていたぴーちゃんのお顔を思い出してあげてくださいね。

  • キラりん
  • 2012.08.07 Tuesday 22:02
ぴーちゃんがまだ若くて突然すぎたので苺ミルクさんの悲しみを思うと言葉がでてきません。これからはずっと心の中でぴーちゃんは生き続け苺ミルクさん、パンちゃんを守ってくれることでしょう。ぴーちゃん、最後まで頑張ったね、苺ミルクさんがママでよかったね、安らかに…。
  • メルモママ
  • 2012.08.07 Tuesday 20:36
キラりんさん、こんばんは~

ぴーちゃん天使になってしまいましたが、今でも私は
まだ、ぴーちゃんが苺ミルクさんのお家で元気に遊んで
いるように思えてなりません。
何時かは、必ずお別れする日が来るのは分かってても
余りにも早すぎたお別れに、私も正直悔しくてなりません。

『君に捧ぐ』先ほどルイさんのブログで見させて頂き
ました。
この絵本を読んで、苺ミルクさんの悲しみが少しでも
和らぐといいですよね。

  • sabatora nyanya
  • 2012.08.07 Tuesday 19:34
お友達のぴーちゃんのご冥福をお祈りします

絵本を見て、涙がでました。

ニャンコとの出会いの奇跡を大事にしていきたいです
  • こんとら
  • 2012.08.07 Tuesday 17:26
キラりんさん 愛らしいぴーちゃんの姿をありがとうございます。
ずっとずっと 私たちの心の中に留めておけますね

キラりんさん、こみぞうさん ステキなステキな物語をありがとうございます。
涙が溢れてたまりませんでした。
先日、以前ナルパパが紹介されていた 「キミとボク」の映画をやっと見ました(動画は見てたけど)
どちらも さよならは悲しい でも、どちらも幸せだったと言ってくれてる。。。 そう 思ってもらえるように 虹の国にいってしまったお友達の分も大切に大切に1日1日を過ごさないとダメですね。

ぴーちゃん虹の国でゆっくり休んで、みんにゃを見ててね・・・
  • ひろち
  • 2012.08.07 Tuesday 16:49
ホントにぴーちゃんかわいいですよね。

虹の国できっと笑っています。

いやぁ~ 泣きました。
このところ年のせいかなんなのか・・・
もぅ自分のことと重ねてしまい涙がとまりません。

苺ミルクさんの心の痛みが少しでもやわらいでくれますように。
  • なか
  • 2012.08.07 Tuesday 13:09
ぴーちゃんの愛らしいショット、癒されます・・・また「夢列車」で会いましょうね

絵本・・・リンクさせていただきました

  • ルイ
  • 2012.08.07 Tuesday 13:02
キラりんさん、こんにちは。

ぴーちゃんのこと、キラりんさんのブログで知りましたが
突然のことだったんですね。まだ2歳という若さなのに・・・
神様がいるなら、恨んでしまいます。
苺ミルクさんのブログにも初めてお邪魔しましたが
2年間という短い間でしたが、ぴーちゃんはとても幸せだったことが伝わってきました。でも早すぎます、、、
会社だというのに泣けてきました。
(節電で電気が消えていて、助かりました・・・)

「君に捧ぐ」もみました。涙なくしては見れませんでした

今一瞬一瞬を大事に過ごさないといけませんね。。。
  • つじ
  • 2012.08.07 Tuesday 13:00
私もピーちゃんの突然の訃報にただ驚くばかりでした。

キラりんさんの愛情のこもった優しい追悼のブログにピーちゃんもご家族も励まされてることでしょう

生前のピーちゃんお目目がクリクリしてて本当の可愛いですね。

虹の橋を渡って、ちびちゃん・あずきさん・かんちゃん達と楽しく過ごしてるでしょうね
  • アミラン
  • 2012.08.07 Tuesday 12:25
こんにちは~~
苺ミルクさんのブログ、主人と一緒に拝見させていただきました。
本当に突然の事だったんですね・・・
ぴーちゃん、綺麗な柄のニャンコちゃんですね
まん丸お目目がキュートでカワイイ
キラりんさんを通じて、ぴーちゃんの事知れて
私達家族も、忘れません。  

ぴーちゃん 安らかに・・・


キララくんの具合はどうですか
真っ赤になってて大丈夫 かゆいのね・・・
早く よくなりますように・・・
  • クロとミーコ
  • 2012.08.07 Tuesday 11:56
突然の事だったのですね
ぴーちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
ぴーちゃん安らかに
  • モモクリ
  • 2012.08.07 Tuesday 11:34
ビーちゃんのご冥福、心よりお祈り申し上げます。。
突然の訃報と仰っていましたね・・悲しいですね・・。
私のお友達のスーちゃんも、いきなり4歳で逝ってしまって、
飼い主さんも、突然のことでブログも更新できずになっています。

ニャンコたち・・どこが痛い辛いのか言葉が交わせないところが
一番辛いです・・。

キラくんの調子は外耳炎なのですね
これもまた細菌なのですか・・・?
でも、空気清浄機もついてるのに、なぜなんだろう(ノω・、)
これは、子供がよくなる中耳炎と同じで、やっぱ移るのですか?
キラくんのお耳の赤い状態を見て、ビックリしました
薬が効いて、早くよくなってくれるといいですね。

キラりんさんは体調はいかがですか?もう大丈夫ですか??
きっと広島も猛暑でしょうから、お体には気をつけてくださいね。
冷たいアイスばかり食べてたらいけませんよ~!
アイスこそ、肥満の原因なんです。。(私こそヤバイかも笑)
  • かぼちゃま
  • 2012.08.07 Tuesday 10:18
キラりんさん こんにちは。

過去にニャンコを飼ったことがある方ならば こういう辛い経験があると思いますが、気持ちの整理の付け方・・・私は当時 自分の生活の忙しさ(娘の入院時期と重なったり)で 時間が過ぎていった感じでした

苺ミルクさんの心の痛み・悲しさはまだ癒えないかもしれませんが、キラりんさんをはじめ、ぴーちゃんを思う方々のお気持ちが 苺ミルクさんの救いに 少しでもなれば と思います。

「君に捧ぐ」心にしみる 素敵な絵本ですね。
  • シバザクラ
  • 2012.08.07 Tuesday 10:07
キラりんさん、おはようございます♪
苺ミルクさんのぴーちゃん、本当に可愛い猫ちゃんだったんですね、ラグドールに似てますね、シャムが入ってるかとも思ったんですが。
ホントに、可愛いお目目パッチリの子だったんですね、お悔やみ申し上げます。
苺ミルクさんのブログに、なんのコメントも残せてないんですが、旦那さんのまた生まれ変わってくる、私はそれは必ずあると思います、今、出会った縁のあった子は、前世でも縁があって、また次生まれ変わった時にも縁があるからです、そう信じたいですね。
君に捧ぐ、見てきました、とっても心に残るお話ですね。
  • マイキー
  • 2012.08.07 Tuesday 09:34
苺ミルクさんのお気持ちを思うと心が痛みます。

この春ラッキーを亡くした時
私は何度も何度も「虹の橋」の詩を読んで泣きました。
今は痛みもないところで幸せに暮らしている。
いつか行く私を待っていてくれるあの子は
私がいつまでも悲しんでいると心配してしまう。
そう言い聞かせながら 何度も何度も泣きました。

「君に捧ぐ」
素敵な絵本ですね。
また、泣いてしまいました。

苺ミルクさんが一日も早く元気になることを祈っています。
  • ねこねこねこ
  • 2012.08.07 Tuesday 09:14
キラりんさん

うれしくて うれしくて うれしくて

涙が溢れます。
ありがとうございますとしか言えません。
本当にありがとうございます。
  • 苺ミルク
  • 2012.08.07 Tuesday 09:03
突然の死だったようですね・・・。
まだ若かっただけに苺ミルクさんのショックは大きいと思います。
かわいいぴーちゃんの写真を見ると苺ミルクさんの悲しみは計り知れません・・。
ぴーちゃん、安らかに・・・。
  • ネフェルタリ
  • 2012.08.07 Tuesday 08:55
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR