プロフィール   最新の記事   カテゴリー   過去の記事   コメント   リンク   お知らせ 

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 寒い冬も… | main | いざ出発♪ >>
2011.11.18 Friday

同伴避難

こんな本があります。



東日本大震災で被災した人とペットのお話です。

福島県では、取り残されていたペットの多くが餓死するという

最悪の状況を生みました。


これは、県がペット保護のために動いたのが

あまりにも遅すぎたためと考えられます。


一方、新潟では中越大震災の際に

動物救済本部が立ちあげられ、

以後、すべての市町村において

ペット同伴の受け入れ態勢が整えられました。


今回の震災でも、ペットと共に新潟に避難してきた人達が

精神的にどれだけ救われたことでしょう・・・。


そんな心温まるお話がこの本には綴られています本



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私自身の強い思いは、

何があっても猫と一緒に避難するということです。

(それが叶えられない状況もあるかもしれませんが…)


私が住んでいる市ではペット同伴の避難所の設置は

現時点ではないそうです悲しい


と言うことは、車での避難生活

想定しておかなければいけません。


*
*
*
*
*


キャリーリュックは、すぐに持ち出せる場所に置き、
寝床や遊びで使うなど、普段から慣れさせるようにしています。




非常袋には、最低限必要な衛生用品を準備。



いざという時のために、1匹ずつの猫手帳を作成。
(これはねこきもの付録をコピーしたものです。)

餌やトイレ・毛布など、大きな荷物は車に常備しています自動車


*
*
*
*
*


考えたくはありませんが、

いつどこで起きるか分からない災害。


その時に少しでも落ちついて行動できるように、

今できること、考えておきたいこと、知っておくべきこと、

きっとあると思います。


大切な「家族」を守るためクローバー


そして何より、

私自身がどんな時も彼らに側にいてほしいから。



長々と書きましたが、

色々なことを考えさせられる一冊でした。

巻末には今できることや防災マニュアルも載っています。

ぜひ一度、読まれてみてはいかがでしょうか笑顔




クローバー    クローバー    クローバー




明日はいよいよ夢列車が出発ですね電車キラキラ

みなさん、準備は出来ましたかはてな

今回も大勢のにゃんこが参加されるようですね音符

我が家もシイファミリー、サクラ、エリーが参加します。


どうぞよろしくお願いしますドキドキ小


2019.08.19 Monday

スポンサーサイト

コメント
★苺ミルクさん

今回も朝方まで二次会が盛り上がったみたいです
(私は途中でダウンしましたが)
ぜひ次はご一緒にご乗車しましょう
  • キラりん
  • 2011.11.20 Sunday 15:49
キラりんさん

夢列車の事、詳しくありがとうございました。
今度、是非参加させていただければと思います。
  • 苺ミルク
  • 2011.11.20 Sunday 09:10
★かぼちゃまさん

私も5匹なので、一緒に逃げることさえ不安です。
でも2匹だったらなんとかぎゅうぎゅうに詰めていくことも可能な気がします。
災害は備えをしておくしか、手立てはありませんものね。

今夜はマリちゃん張り切って出かけられたようですね
無事に出発出来て良かった
明日はどんなお土産話が聞ける事やら



★ヒバリのこころさん

阪神大震災の経験を経て、3匹になっても
一緒に避難出来るといいですね。
でもさすがに5匹はキツイですね…
私一人暮らしなんです。
だからこそ最低限出来ることを考えておかなきゃって。
広島もペット同伴は認可されないと思います
家族なのになぁ・・・・



★ぽっちさん

そうですよね。
何があっても一緒。
だって家族ですもん



★hanaさん

今回の震災では色々と教訓を知りましたよね。
電気もですが、水もないと困りますね。
備えは避難グッズだけにとどまりませんものね。
複数いるだけに頭を抱えてしまいます・・・



★MOMOさん

でも一緒に逃げるってこと自体、
出来るのかなって・・・
本当は不安です。
一人で5匹の命を守ることが出来るのか。
でも最低限出来ることは準備しておかなきゃって。
考えるきっかけになりました。



★苺ミルクさん

大きめのキャリーなども
用意しておくといいかもしれませんね。
2匹だとぎゅうぎゅうに入れることも出来ますが、
いざというときに準備しておけば安心ですね。


夢列車は次回はぜひご一緒したいですね
  • キラりん
  • 2011.11.20 Sunday 01:49
★Totoroさん

今現在、ご家族で避難できる状況になられたのですね。
自分の家族(ペット)は自分で・・・
その精神が一番ですよね。
行政に頼っても、結局当てもないですし。
そのために自分で出来ることを今から準備して
おきたいものですね。



★ねこやしきさん

複数いると、特に考えますよね。
うちは5匹・・・
正直一人で運べるかどうかさえ問題です。
でも最低限できる環境にしておこうと。
自分の家族は自分で守るしかありませんものね。



★なかさん

テントもいいと思います。
車の中限定だと無理もありますし。
何も起こらないと、ついつい忘れてしまいますが
時々立ち止まって確認していきたいですよね。



★jerryさん

1匹だけだと逆に油断してしまう気持ちも分かるな~
私も、5匹になってからこういうことを考えるようになりましたもの。
だって一緒に逃げるってことさえ難しいでしょ?
でもやっぱり最低限の環境は準備しておきたいですね。



★にゃんまるさん

何があっても一緒。
これは家族であれば当たり前の思いですよね。
そのためにも、いざというときに備えがあれば
少しは違うのかなって。
日頃から考えておきたいですよね。



★サバトラさん

え?地震ですか
怖いですね。
あの恐怖はもう誰しも味わいたくないですが、
いつまた起こるか…
備えをしておくことぐらいしかできませんよね。

チビは密かに女の子
でも知らない人も多いかもしれませんね
  • キラりん
  • 2011.11.20 Sunday 01:39
★ahiruyukaさん

あのときの地震も突然で・・・
怖かったのを覚えています。
今は5匹という猫を飼っているので、
やっぱり避難については考えておきたいところです。
でも私の場合一人暮らしなので一緒に連れて逃げることが出来るかどうか、なんですけどね・・・
それでも精いっぱい対策は考えておきたいです。



★てんつくさん

あの日以来、もしもの時のことは考えてしまいますね。
しかも私たちのように複数飼いにとっては
避難は色々と問題もありますし。

チビは耳も目も全く機能していません。
だから歩くことも出来ないんでしょうね。
エリーが心の支えだと思います。

今夜はテンちゃん頼りにしています



★白クマさん

ペット同伴の避難所があるんですか。
いいですね。
でも車が使えないのは問題ですね…
歩いて運ぶのは難しいですが、最悪の想定で
準備しておくしかないですね。
問題は山積みですが、この本が前向きに考えるきっかけになりました



★なったんママさん

備えがあっても、実際どうなるか・・・
でもないよりあるに越したことはないですよね。
精神的にも…
今夜は夢列車で盛り上がりましょうね



★yamatoさん

助け合いの精神、一番大事ですよね。
ペットは家族、と言われてる昨今で
緊急事態に同伴不可なんておかしいですよね。
でも自分の家族は自分が守るしかないんですよね。
悲しい現実ですが…
  • キラりん
  • 2011.11.20 Sunday 01:31
★sabatora nyanyaさん

ホントにその通りですよね。
ペットなんて日本ではまだまだ重視されていませんね。
家族と同じなのに。
やっぱり飼い主が守るしかないんですよね。
何としてでもシイファミリーは私が守ります



★はるなつのママさん

ついついこういうことは
後回しになりますよね。
でも備えをしておくことで少しは
安心して過ごせますものね。
やっぱり大事なことかもしれませんね



★こみぞうさん

行政に求めることはたくさんありますが、
それを待ってても期待できないのが現状。
自分の身は自分で。。。という話になりますよね。
絶対に離れ離れなんて考えられないですよね



★こねこさん

家族を守ることが出来るのは家族。
ましてや私みたいに一人暮らしだと、
私が守らなければ・・・
だから今できることをしっかり、考えておきたいですね。



★ネフェルタリさん

広島も動物救済本部は立ち上がりそうにないですね。
電話の対応がもうそうでしたもん
ペット=動物、とかって区別しすぎですよね。
新潟のように家族同等に考えてほしいものですが・・・。
  • キラりん
  • 2011.11.20 Sunday 01:23
そうですね、私も今回の東北大震災で色々考えさせられました。
守るべきもの・・。私は渚と寝ているのですが、もちろんりめマリも
傍でオネンネしています。
日中でもそうなのですが、いざ災害が起こると、一度にみんなは
連れて出られないの・・?と考えたとき、とても怖くなりました。
急いで家から脱出しないといけないときとか・・・。
だから、キャリーは大きめ(犬用)を用意しようと考えています。
ぎゅうぎゅう詰めでも、りめマリが入れるようなキャリーをと。
キャリー2つに渚は抱えられませんものね。
いつでもどこでも一緒に居なきゃですよね、同じ思いです。
災害だからといって、離れなきゃならないは辛いです。。

ストーブ号発車ですね♪楽しみです(^ω^*)
渚も病み上がりなのにお見送りに来るとかなんとかで、
寝溜めをしてます!渚もシイファミリーに会いたいそうです
マリが大荷物で行くと思うので、ちょっとばかし手伝ってやって欲しいのですが・・良いでしょうか(^ω^*)
ボクは長ニャンだからって、渚のあれやこれやを持っていくそうなんですよね、ミルクやらオムツやらって・・(=ェ=`;)
腹巻とレッグウォーマが入りきらないよ~て叫んでマス
お見送りに行くだけなのに(笑)
自分たちのお菓子、入れ忘れるぞ~これば;`;:゙(゚∀゚ )≡

  • かぼちゃま
  • 2011.11.19 Saturday 16:44
こんにちは

淡路阪神大震災を経験しています。
その時は先代猫1匹でしたが今は3匹います。
連れ出せる状況なら誰がどの子を連れ出すか決めていますが
ものすごい緊急で自分自身でいっぱいいっぱいの時
いったいどうすればいいのでしょ

キラりんさん家は大勢のにゃんこさんたち。
やっぱり車が頼りですね
非常荷物も入れておけますし・・・

ペットが家族の一員と言われている昨今
同伴で避難できないなんておかしいです

「同伴避難」見てみますね
  • ヒバリのこころ
  • 2011.11.19 Saturday 14:37
こんにちは
本当に、今回の震災でペット達、動物達がかわいそうなことになってしまいましたね
私は、何がなんでもきなこを置いては避難できません。
避難するときは絶対に一緒です
  • ぽっち
  • 2011.11.19 Saturday 14:28
こういうテーマで映画化されたものもあるけど、
私はやっぱり「動物を置いて自分だけ避難」なんて
絶対に考えられません!
どんな無理をしても一緒に過ごしたいですよね
今年は大きな震災があって、考えるきっかけになったけど、
きちんと準備をされてるキラりんさんはさすが
  • MOMO
  • 2011.11.19 Saturday 13:32
私も、あの日から玄関には、凄い数の避難用グッズは置いています。
もちろん、猫のものも・・・
でも、猫ってあんな災害時は、飼い主の元へ来ることは少ないかもしれません。
あの日もしばらく狭い所に潜り込んで出て来ませんでしたから・・・
パニックを起こす動物もいたみたいですね。
首輪つきで逃走してた犬も、実際見ています。

どんな状況になるか予測のつかない災害
怖いです・・・
でも準備はしておいたほうがいいことは間違い無いです。
風呂水は、常にいっぱいにしておくこと!
掃除してもすぐに満タンにしています。
これは3/11以降、水が出るようになってからずっと欠かさずやっていることです。
電気よりも水が出ない大変さを経験しましたので・・・
そう言えば、ガソリンも半分以下にすることはなくなりましたね。

いろんな面で勉強になった震災でした・・・
今後何事もないことを願いたいですね。


  • hana
  • 2011.11.19 Saturday 13:23
こんにちは。

うちも小さい子の方のペットキャリーを買ってないんです。
なので、買わないとと思いつつまだなので、早速買う事に
します。

ところで、夢列車とは何ですか?
前から気になってました。
  • 苺ミルク
  • 2011.11.19 Saturday 11:23
キラりんさんおはようございます。

関東地方に34年間住んでいましたが其の間はペット可住居に住んでいた時でも、何時、南関東直下型地震、東海地震等大きな災害が起きてもおかしくないという思いがあってペットは飼いませんでした。

定年後姫路市を終の住処と定め、また、家族も東京、埼玉、姫路、広島と大きく分散して何かあっても自主避難出来る態勢になったのでペットを飼い始めました。(^∇^)
姫路に住めなくなったら、まず広島(向洋)に避難します。

個人のこと以外はほとんどできませんが、自分のペットは自分で守るという気持ちが大事ですね。
猫を置いていけと言われても後から汚染区域に猫を連れに行った人、新潟に避難したらペット可ということで犬を連れに帰ったおばあさんとか行動力のある人が素晴らしいですね。
  • Totoro
  • 2011.11.19 Saturday 11:00
万が一のとき!考えたくはないですが、日ごろから想定
されることの準備はしておかないといざというときに
動けませんよね。多頭だとキャリーにはいってもらうのも
それを運ぶのも大変ですよね。
我が家もカートに慣れてもらい、万が一の際はカートで
避難を考えていますが、咄嗟に私自身が動けなくなりそうで
それが一番の心配です

夢列車、楽しみです{音符まだ最終準備ができてません{汗}
急がなくっちゃ
  • ねこやしき
  • 2011.11.19 Saturday 08:49
こんばんわ

ホントに考えさせられますよね。

ウチもにゃんずの避難バッグは用意してありますが
もう1度中身のチェックなどしたいと思います。

それと私も誰がなんと言おうがこの子たちが
そばにいないと生きていけません。
お金を貯めてテントを購入しようと思っています。
購入する前に何か起きてしまうかもしれませんが・・・

とにかくこの子たちの為に最善な事を考えしてあげたいと
思っています
  • なか
  • 2011.11.19 Saturday 01:34
いつ起こるか判らない、というのが怖いんですよね。
災害時は周りの状況も非常時ですからね。
準備しておかなければ手に入らないものもあるでしょうし…。
キラりんさんちは5ニャンですものね
ウチ、マイケルだけでもどうしようとか思うのに…。
逆に一匹だけならなんとかなるか、て思いもありますけど。
備えあれば憂いなし、ですね
でも起きないことが一番ですけど…
  • jerry
  • 2011.11.19 Saturday 00:13
キラりんさん、シィファミリーのみんにゃ こんばんは

私も被災地のペット達のニュースを見るたび
心が痛くなります・・・もっと対策があっただろうにと・・・
紹介された本、見つけたら読んでみたいです。
とはいえ、まるのためになにかを準備してるかと言ったら・・・
いざと言うときのために少しずつ、準備しておかねばと思いました
でも、もしなにかあったとしても
絶対絶対まるは離しません、なにがあっても一緒です
私もまるにそばにいて欲しいからです

明日の夢列車、とっても楽しみにしてるまるです
だって、シィファミリーのみんにゃに会えるんですもの
  • にゃんまる
  • 2011.11.19 Saturday 00:08
コメント書こうとした、たった今、少し揺れました。
ちょっとびっくり!

キラリンさん、一人で5ニャンですから、備えあれば・・ですね

明日、夢列車でお会いしましょう


いつの間にかチビちゃんを男の子と勘違いしてました。
優しいけど、強い生命力を持っているイメージからかなぁ?
失礼しました
  • サバトラ
  • 2011.11.18 Friday 23:54
 ちょっと前の芸予地震を思い出します。
広島も他人ごとではありませんね。
 私はあの時職場で“脚立の上”にいました。
壁と大きな冷蔵庫の壁に両手をついて・・・。
 しばらく震えが止まりませんでした。
外は・・・水道管が破裂して水びたし。
信号は消えて車が立ち往生。
屋根からは瓦が落ちて、壁が崩れて・・・。
 友達が避難用にと大型犬用のキャリーを購入
したと聞いて何で?て・・・。
3ニャンいるのですが、猫ベットを入れて今は
避難用品を詰めてるとか
うちも1匹ずつならキャリーに入ってくれるけど、
よくよく考えたらキャリー3個て・・・。
 近々購入を検討しないと・・・て感じです。
 チビは今2階でご飯を食べているのですが、
最近寒くなって1匹だけかわいそうで。
かと言って、3匹一緒は・・・ちょっと・・・。
 大きいキャリー・・・いいかも
  • ahiruyuka
  • 2011.11.18 Friday 23:12
こんばんわ。
そうですよね、避難先。3.11以降、大きなバンタイプの車の購入等色々考えました。
この子たちのこと。
避難所でのペット同伴はホントに難しいですものね。 
苦手な方もいますから。
早速、さがして読みたいと思います。


チビちゃんは耳が聞こえないのでしょうか?
人は耳が聞こえが悪いとバランスと取りにくくなりますが。。。
エリー君がいることが心の支えにもなっているんですよね、きっと。

いよいよ明日ですね。
テンちゃんがナイチンゲールになるそうですので、怪我したら何時でも言ってね
  • てんつく
  • 2011.11.18 Friday 22:33
私の住んでいる市は、ペット同伴の避難場所がありますが
うちからは数キロ離れています。
この辺は災害時には、きっと車が使えないと思うので
どうしようか悩んでます
必要最低限の荷物と6?のミースケを担いで、避難所まで
歩けるかどうか・・・。
考えても考えても、いい答えがみつかりません。
この本を読んでみようと思いました。
  • 白クマ
  • 2011.11.18 Friday 22:29
キラりんさん こんばんは

このような本があるんですね。
知りませんでした。
まさに 備えあれば憂いなし
ちゃんと準備しないと。


あしたは、夢列車 出発ですね
楽しみですね。
  • なったんママ
  • 2011.11.18 Friday 21:58
キラりんさん こんばんわぁ~

ほんとそうですよね・・・・・
なんで、ペット同伴がいけないのか?
意味がわかりません。

人間の子供はよくてペットはダメ???
私にとって、3ニャンズは我が子同然なのに・・・・

人間の子供より、賢いのに・・・・

私も絶対、手放しませんよ~

広島でなんかあったら、いつでも大阪に頼ってきて下さいね~

大阪が何かあったら、助けて下さい 

ねこきもブロガーの皆さんで協力しあえば、
なんとかなりますよ~

みーんな、ニャンズ達は家族の一員と思っている方達
ばかりなんですからね
  • yamato
  • 2011.11.18 Friday 21:37
 キラりんさん、こんばんは~

この本は東日本大震災で被災した人とペットとの
心温かいお話なんですね。
しかし、今の日本の政府は一番に人間の命が優先で
次ぎに二次災害でもある福島原発、ペットの保護なんて
これっぽっちも考えている政治家が居ないのが現実
なんですよね。
でも、こんな状況でも被災したペット達を助ける動物救済本部が立ち上げられたのは素晴らしい事ですよ。
やっぱり、考えてみても自分達の大事なペットを
守れるのは飼い主達でどんな状況でもキラりんさんは
シイちゃん達を守ろうって凄いと思いますよ。

私もいざと言う時の事を考えて何時でも避難が出来る
用にニャニャ君に最適な畑がある非難場所を確保しますよ。
  • sabatora nyanya
  • 2011.11.18 Friday 21:27
いつかいつか・・・と後回しにしず 準備しないといけませんね~

私もそうそうに準備します。
  • はるなつのママ
  • 2011.11.18 Friday 21:03
このような本があるのですね。
私も見つけたら読んでみたいと思います。
もしも被災した時に、絶対一緒にいたいと思います。そして避難時も離れるなんて想像しただけで悲しくなります。
今回の地震でペットを餓死させてしまった飼い主さんの、心の傷を思うと辛くなります。そんな思いを誰もする事のないように、
行政も飼い主も、準備をしておかなければいけないなと思いますね
  • こみぞう
  • 2011.11.18 Friday 20:59
キラりんさんこんにちは~♪

大切な家族を守る為にも、心構えや、色々な訓練的な事を
する必要がありますものね・・・
実際どのような状況になるのか、災害が起こらなければ
分かりませんが、それでも守れるのは他人でも誰でもないですものね。
家族を守れるのは、自分自身だけですもの・・・
明日、夢列車出発ですね
楽しみですね


  • こねこ
  • 2011.11.18 Friday 16:13
もし避難しないといけないなら・・・
そう考えると怖いです。
私の町もペットを受けれてもらえない可能性が大きいので同じく車の中・・・かな。
なにがなんでもネフとソナは一緒!
離ればなれなんて考えられないです。
それなりの用意をされてるキラりんさんはえらいな~。
  • ネフェルタリ
  • 2011.11.18 Friday 16:08
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR